C++でADOオブジェクトを扱う

C#のほうがお手軽なんだが、dllを一つにまとめたかったので、C++からADOを使うことにした。

とっかかりとしてはここが参考になる。
http://spicyparsley.blog.so-net.ne.jp/2005-06-29